GoogleやAmazon、Facebookなど、

世界トップクラスのリーダー達が幼少期に受けていたという

「モンテッソーリ教育」

 

ここ最近の日本では、

将棋の藤井聡太さんが受けていた教育として話題になりましたよね。

 

 

 

お教室では、とても穏やかな空気が流れています。

危険な事、マナー違反なこと(例えば、机の上に上るなど)以外のことは、

基本的にはお子様の自主性を尊重しています。

ですので、お父様お母様も手や口を出さなくて良い穏やかな時間を、

お子様と共有してくださいね。

 

  

 

モンテッソーリ教育とは?

 

モンテッソーリ教育は、1987年にイタリアで産まれた

マリア・モンテッソーリによって考案された教育法です。

 

 

マリア・モンテッソーリはイタリア初の女医として、

精神病院で働いていた時に、

『すべての人間の奥底に秘められている、本来の良さや未知の可能性が、

自らの力で表れるのを助けるための環境や援助方法を作りたい』

という思いと、医師としての経験から、

子供の発達の過程を科学的に観察し、生理学的な根拠に基づいて、

モンテッソーリ教育を構築しました。

 

  

 

モンテッソーリ教育の目的

 

『自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、

生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てる』

 

『子供の自主性、独立心、知的好奇心などを育み、

社会に貢献する人物となること』

 

日本では、英才教育やお受験対策といった『幼児教育』だと

誤解されていることが多いですが、

もともとは、マリア・モンテッソーリが

知的・発達障害の治療教育や貧困家庭の子供たちへの

教育から発展させてきた教育法

なのです。

 

  

 

モンテッソーリ教育を乳幼児期に受けた子供たちはどうなってる?

 

【よく見られる傾向】

・自立している
(自分のことは自分でやろうとする、自分のことがひと段落すると 助けの必要な手を差し伸べる)

・人の話をしっかり聴くことが出来る

・先のことまで見通して活動することが出来る

・決まりや約束を守ることが出来る

・リーダーシップを発揮するようになる

・感性が育っている

・興味や好奇心が旺盛

・集中力や持続力がある

・自分の意見をしっかり持ち、人に流されない

・優しい

・器用になる

…など、自分で考える力が身につきます!

 

 

 

  

 

 

レッスンを通して、

知的好奇心やマイブーム(敏感期)の時期の大切な貴重な時間に

モンテッソーリ教育・教具を取り入れながら

お子様の『ひとりで出来た!』をお手伝いします。

 

「モンテッソーリ教育」を自宅でもできるよう、

お子様の自立や発達を促しながら、個性を生かせるサポートをしています。

 

 

詳 細
対 象 1~6歳(未就学児)※0歳児は要相談
開催場所 講師自宅(呉市焼山/詳細はお申し込み時にお伝えします)
*2020年10月頃から場所が変わります
 
施設費 3,000円(年間)
月 謝 月1回:3,500円 / 月2回:6,000円
単発利用 4,000円
体 験 3,000円

 

  

 

 

ひとりひとりの好奇心を伸ばす、

オーダーメイドな幼児教室を目指しています。